[Windows10]UACを無効にしたまま運用する方法


Windows10の無料アップデート期間も終わり、駆け込みで会社のPCをWindows10にした方も多いだろう。ただしWindows10では、Windows7から導入された『ユーザーアカウント制御(UAC)』の制限により、古いアプリが使えないケースも出てきている。さまざまな理由で古いアプリを切り捨てる事が出来ないケースも多いだろう。
ここでは古いアプリを使用する前提での運用方法について解説する。




 

UACの無効化の方法

結論から言うと、『ユーザーアカウント制御(UAC)』を完全に無効にする必要がある。
Windows7以前のアプリは当然ながらUACを考慮していないため、そもそもインストールが出来ないケースが多い。そこで以下の通りUACを無効にする。

[Windows]キー[X]キー  → [コントロールパネル] を選び、コントロールパネルまで

 

[ユーザーアカウント][ユーザーアカウント制御]を選択し、バーを一番下まで下げる。
ユーザーアカウント制御

 

Windows7であればこれで終了だが、Windows10の場合はさらにレジストリを修正する必要がある。左下検索窓に[regedit]と入力して、
レジストリエディター起動
以下のキーを開くHKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\System

レジストリーエディタ 修正箇所

 

[EnableLUA]の値をゼロにする
レジストリエディタ値の変更

 

これでPCを再起動すれば古いアプリでもインストールできる。

 

できるWindows 10 パーフェクトブック 困った! &便利ワザ大全 (できるシリーズ)

 

UAC無効化の弊害と解決方法

UACを無効化するとビルトインアプリ、ストアアプリが使用できなくなる。Windows10でいうと、web・画像・動画・PDFなど様々なデータの初期起動アプリがビルトインアプリのため、ほとんど何もできなくなってしまう。インストール後は上記変更を元に戻せばよい。(UACを有効化)
[EnableLUA]の値を1に設定、UACのバーを元に戻してPCを再起動すればOKだ。




 

UAC無効化のまま運用しなければならない場合

UACを有効化してアプリがきちんと動けば問題ない。しかし困ったことにUACを有効化すると動かないアプリも存在する。業務上どうしても必要なアプリの場合は、UAC無効化のまま運用するしかない。この場合、ファイルの種別ごとに既定のプログラムをビルトインアプリから代替プログラムに変更する必要がある。

web(htmlファイル)を例にすると、既定のプログラムはMicrosoftEdgeだが、ビルトインアプリなのでUAC無効化状態では起動できない。代わりのブラウザとしてInternetExplorerを既定プログラムにするには、

[Windows]キー+[X]キー→[コントロールパネル]→[プログラム]→[既定のプログラムの設定]を選び、
規定のプログラムを設定する

 

左のプログラム一覧から[Internet Explorer]を選択して、
[すべての項目に対し、既定のプログラムとして設定する]を選択する。

画像やPDFも同様に設定すればよいが、こちらは閲覧ソフト(Adobe Reader等)を事前にインストールする必要がある。

コルタナからのweb検索は例外で、2016年6月のアップデートにより上記設定をしても強制的にEdgeが立ち上がる仕様となった。このためコルタナ経由のweb検索は実質できない。
また、ストアアプリ全般はどうしようもないので諦めるしかない。

 

どうしてもUACを有効にしたまま旧来アプリを試用したい場合は別記事を参考にしてほしい。
[Windows10]UACを有効にしたまま旧来アプリを使用する方法