[PC]SurfaceでUSB回復ドライブを使う際の4つの注意点


Microsoft製のSurfaceにはいくつかのリカバリ手段が用意されている。その中の一つであるUSB回復ドライブは、PCが起動しない障害時に有効な手段だ。
Surfaceはリカバリディスクの類は添付していないため、いざという時のためにUSB回復ドライブを作成しておくと心強い。しかし何点か注意しなければならない点がある。ここではMicrosoft公式サイトに記載のない注意点について説明する。

 




 

別記事でSurfaceBookを紹介しているのでそちらも参考にしてほしい。
[PC]SurfaceBookをおすすめする3つの理由

 

USB回復ドライブの使用方法

USB回復ドライブの使用方法はMicrosoftの公式サイトに詳細手順があるので参照されたい。
USB回復ドライブを使用する

 

 

注意①USBメモリは8~32GBのものを用意する

回復ドライブ用USBはFAT32というファイルシステムでフォーマットする必要がある。
しかしFAT32上限32GBまでしか認識することができないため、
64GBや128GBといったUSBではFAT32フォーマットが不可能なのだ。
また、回復ドライブ自体の容量は4GB超なので、4GB以下のUSBだと容量が足りない。

 

※16GBのUSBの場合。FAT32でフォーマット可能だ。
USB16GB

 

 

※128GBのUSB。FAT32の選択肢が無い。
USB128GB

 

 

注意②使用するUSBメモリは回復ドライブ専用とする

USB回復ドライブに余計なデータが入っているとリカバリ時に失敗する。
作成したUSB回復ドライブはsurfaceのリカバリ専用とし、容量が余っているからといって関係ないデータを入れてはいけない。また、USBメーカーによってはユーティリティソフトがプリインストールされていることもあるので、必ずフォーマットしてから回復ドライブを作成すること。



注意③作成したSurface以外ではリカバリできない

USB回復ドライブによるリカバリは、USB回復ドライブを作成したSurface以外ではできない
たとえ同一モデルであっても、別のシリアルナンバーの機体ではリカバリが失敗する。
Surfaceを複数使用している企業・ユーザ等は、機体ごとに作成する必要がある。

 

注意④工場出荷状態に戻るわけではない

Microsoft公式サイトには、回復ドライブでリカバリすると工場出荷時に戻るとあるが、厳密には異なる。
リカバリ時は回復ドライブ作成時点のWindowsバージョンが適用される。
したがって、Anniversary Update等のUpdateを適用した後に回復ドライブを作成した場合、リカバリ時はUpdateが適用された状態となる点に注意が必要だ。