[WordPress]プラグインを使って簡単にバックアップ取得

wordpress backup

バックアップを手動で取るのも良いが、プラグインを使うと大分楽になる。誰か他の人にバックアップを取ってもらう際に、レンタルサーバコンソールへのログインID/Passwordを知らせる必要があるが、あまり複数人に知らせるのもためらわれる。今回紹介するプラグインを導入すると、WordPress上でバックアップファイルの作成ができるので、複数人で運用する際にも有効だ。




 

プラグインのインストール

今回紹介するプラグイン UpdraftPlus WordPress Backup Plugin のインストール手順から解説する。

WordPressの画面のプラグイン → 新規作成をクリック
プラグインの新規追加

 

キーワード欄に「UpdraftPlus WordPress Backup Plugin」と入力して検索すると、一番上に出てくるので、今すぐインストールをクリック
プラグインを検索してインストール

 

ボタンが有効化に変わるのでクリック
プラグインの有効化

 

プラグインの有効化が完了した旨、メッセージが出る
有効化完了

 

プラグインを使ってバックアップを取得

 

設定 →  UpdraftPlus Backups をクリック
WordPress 設定 UpdraftPlus Bacups

 

プラグインの画面が表示されるので、今すぐバックアップをクリック。
UpdraftPlus Backup/Restore

 

そのまま今すぐバックアップをクリック
一度だけバックアップを実行

 

バックアップ完了まで待つ。
バックアップを開始しています

 

最後に行ったバックアップの日時が変更されていれば完了だ。

以上で、ファイル+DB等必要なファイルがWebサーバ上にバックアップされる。

 

バックアップファイルをダウンロード

筆者の場合、バックアップファイルをOneDriveに保管しておきたいので、Webサーバ上からダウンロードすることになる。ちなみに、本プラグインの有料アドインを導入すると、OneDriveへのバックアップファイル格納を自動化できる。

バックアップ済みタブをクリックすると、バックアップされた内容がリスト表示される。
バックアップ済み

※不要なバックアップファイルがある場合は、削除ボタンで消すとよいだろう。Webサーバ上の容量にも注意しながら対応してほしい。

データベース・プラグイン・テーマ・アップロードファイル・その他をクリックするとダウンロードを行う準備が始まるので、準備が終わったものからお使いのコンピュータにダウンロードボタンでダウンロードしていけばよい。
ダウンロード準備

後は、ダウンロードしたファイルをOneDrive等Webストレージに保管しておけばもしもの際も安心だ。

手動でバックアップするより、大分楽になったかと思う。比較的頻繁に行う作業になるので楽に運用、本来力を注ぐべき部分に注力するべきだろう。