[WordPress]管理画面にGoogleアカウントでソーシャルログイン

login-1203603_640

WordPressの管理者画面へのログインを、Googleアカウントで行えるようにしよう。
本来であれば、会員制サイトなどで会員登録の情報入力等々の障壁を下げるために導入されるのだろうが、管理者のログイン簡略化にも一役買ってくれる。





 

Google APIの有効化

Googleのユーザデータにアクセスできるように設定する必要がある。

https://console.cloud.google.com/start

にアクセス

Email preferences and Terms of Serviceはお好みで
すべてのサービスと関連API・・・・は、確認の上はいにチェックし同意して続行をクリック
Google Cloud Platform

 

空のプロジェクトを作成するをクリック空のプロジェクトを作成する

 

分かりやすいプロジェクト名を入力し、作成ボタンをクリック新しいプロジェクト

 

Google APIを利用するをクリックGoogle APIを利用する

 

ライブラリをクリックし、Google+ APIをクリックライブラリのGoogle API

 

上部の有効にするをクリック有効にする

 

認証情報に進むをクリック認証情報に進む

 

使用するAPIは変更なし
APIを呼び出す場所は、ウエブサーバーを選択
アクセスするデータの種類はユーザーデータを選択
し、必要な認証情報をクリック
プロジェクトへの認証情報の追加

 

名前は自由につけてもらって問題ない
承認済みのJavaScript生成元は、Googleアカウントでの認証を受けたいURLを指定。最後の”/”は不要。
承認済みのリダイレクトURLは、http://ドメイン名/google-auth/  を指定
クライアントIDの作成ボタンをクリック

クライアントIDの作成

 

メールアドレスはGmailアドレスが表示されているだろう。
ユーザーに表示するサービス名は、自身のサイト名にしておくのが分かりやすい。各種情報を入力し、次へボタンをクリック
同意画面を設定する

 

Client IDは後程使うが、またコピーする機会があるのでここでは、そのまま完了ボタンをクリック認証情報をダウンロードする

 

今回作成した、名前の箇所をクリック認証情報

 

クライアントID・クライアントシークレットの2つはプラグインの設定でコピーすることになるので、このウインドウは表示させたまま次の手順に進んでほしい。名前を登録

 

 

 

プラグインのインストール

左メニューのプラグイン → 新規追加プラグインの新規追加

 

 

 

 

 

 

gianismで検索し今すぐインストールをクリックプラグインを追加

 

ボタンが有効化に変わるので、クリック有効化

 

プラグイン自体は有効になっているが、ソーシャルログインのサービスは有効になっていない。上部のGianism設定をクリックサービスが有効になっていません

設定画面

 

下の方にスライドしていくと、今回設定するGoogle連携の設定部分が表示される。

Googleとの接続を有効
Google API設定で発番した、クライアントIDクライアントシークレット
Client IDClient Secretにそれぞれ入力。
変更を保存をクリック。
値を入力

 

プラグインの設定が終わった。設定完了

 

Googleアカウントでログインするアカウントの登録

ユーザーのユーザー一覧から、該当のユーザを選択ユーザーのユーザー一覧

プロフィール画面

 

下にスライドしていくとWebサービス接続メニューが追加されているはずなので、Googleの箇所のコネクトをクリック

コネクトをクリック!

 

正しく設定されたようだ。ようこそ

 

 

 

念のため、ユーザー設定画面からWebサービス接続の部分を見ると、接続できていることが確認できる。念のため確認

 

Googleアカウントでのログイン

WordPress管理者画面をログアウトすると、ログイン画面Googleでログインボタンが表示されているかと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初回は、Googleアカウント情報へのアクセスのリクエストが表示されるので許可する。
Googleのリクエスト画面

 

以上で、WordPress管理者画面にGoogleアカウントでログインできるようになる。