Office 365 Solo を安く更新しよう

Office 365 Solo
Office 365 Solo 安く更新する方法を解説しよう。

以前は 10%など大幅な割引があったが、残念ながら今は2%の割引しかない。。 それでも価格を抑えるためにもAmazonから買った方がお得です。

概要

事の始まりはMicrosoftからの下記メール。

Office365 更新案内 メール

Office2016もOneDriveも仕事で必要なのでサブスクリプション更新することにします。

Microsoftの誘導に従い更新すると高くつくので、Amazonでオンラインコードを購入してサブスクリプション更新する方法で進めます。

流れ

・Amazonでオンラインコードを購入

・サブスクリプション更新を実施

という流れで更新する。

Office 365 Solo 更新の手順

念のため今の契約終了日をMicrosoftのページで確認

Microsoftからの案内メールにもある、http://office.com/renewに移動。

右上のサインインをクリックし、

Office 365の更新

サインインする。

Microsoft Sign in

右上の人のアイコンをクリックし、Microsoft アカウントを表示する をクリック。

My account

上部メニューの サービスとサブスクリプション をクリック

top menu

ここで、有効期限が確認できる。

sub scription

Amazonからオンラインコード購入

まずは、Amazonでオンラインコードを購入する。

キャンペーンはその時により違うので、Amazonのサイトに行った際に値段を確認してほしい。

ちなみに筆者の購入時は、表示価格から10%OFF。 残念ながら 2018年9月1日現在2%の割引しかない。

Amazon 購入画面

※購入のボタンはAmazonから再度購入なので、追加購入になっている。

購入の処理を進めていくと、割引が正しく反映されていることが確認できる。

Amazon 注文内容

サブスクリプションの更新

購入が完了すると下記画面になるので、Office.comへボタンをクリック。

Amazon ご注文ありがとうございました

サインインをクリック。

さあ、Officeを取得しましょう

Microsoftアカウントにサインインする。

Office365 サインイン

次へを押す。

confirm account

プロダクトキーが確認されると定期請求(自動更新)の有効無効を確認する画面になる。

定期請求

定期更新(自動更新しない設定に)

ま、ここは好みなんですが、定期請求は嫌(自動更新はしない)なので無効にして次へ

定期請求-無効

③Officeの取得にすすんだら次へを押す。

Officeの取得

また、右上のアイコンからMicrosoftアカウントを表示するをクリックし

Microsoftアカウントを表示する

上部のメニューからサービスとサブスクリプションをクリックし、期限が更新されていることを確認する。

サービスとサブスクリプション

Office 365 Solo以外のエディションについて

Office 365 Soloは上記の通り毎年更新料が発生するので注意。
パッケージ版(Home and Business)も存在するが、こちらもAmazonでの購入が割安でおすすめだ。WordやExcelを使用するだけならパッケージ版もアリだろう。

Microsoft Office Home and Business 2016
Microsoft Office Home and Business 2016 (最新) |オンラインコード版|Win対応