Android Studioでブランチ作ってそっちで開発しましょう

AndroidStudio+GitHub環境での開発における、ソース管理手順について解説します。

開発の流れ

開発の流れは以下の通り。

  • ブランチを作成する
  • ブランチで開発する
  • ブランチの修正をmasterに統合する
  • ブランチを削除する

このあと、それぞれについて説明していきますよ。

前提

AndroidStudioとGitHubを連携しておきます。

手順は別記事で紹介しています。

GitHubとAndroidStudioの連携手順

 

ブランチを作成してそっちで開発

右下のGit:masterNew Branch をクリック

New Branches

New branch name にわかりやすい名前を入力してOKをクリック

Checkout branchのチェックボックスはチェックしたままにしてください。

Create New Branch

ブランチが作成され、右下の表記もブランチ名に変わります。

New Branch

移動したブランチでガリガリ開発します。

どれだけいじっても、masterには影響ないので安心ですね!

修正したブランチをGitHubにPushする

ソース修正したらGitHubにバックアップしておきましょう。

まずはコミットします。

ショートカットキー「Ctrl + k 」でコミットします。

Commit Changesウインドウが表示されたら、Commit Massageに対応内容を記入して、Commitをクリック

Commit

ショートカットキー「Ctrl + Shift + k 」でPush Commitsウインドウが表示されるので、Pushをクリック

Push Commits

成功するとPush Successfulのメッセージが表示されます。これで修正内容がGitHubに保存されました。

Push successful

ソースを元に戻したい場合

開発してたらソースぐちゃぐちゃになった・・・元に戻したい!って場合は、

ショートカットキー「Ctrl + k 」で一旦コミットした後に、

VCSGit Pull

戻したいブランチにチェックしてPullをクリック!でGitHub保存時点に戻せます。

Pull Changes

開発完了したらmasterに統合しよう

ブランチでの開発が完了したら、masterに統合しましょう

右下のGit:〇〇 → (Local Branchesの)masterRebase Current onto Selected

Rebase Current onto Selected

その後、ショートカットキー「Ctrl + Shift + k 」でGitHubにも反映させます。

いらなくなったブランチは削除しよう

masterに統合したあとは、ブランチはいらなくなります。ブランチの修正内容がmasterにも反映しますからね。

個人的にはブランチ取っておいて後で混乱のもとになるだけなので、安定動作が確認出来たら消してます。

で消し方ですが、右下のGit:〇〇削除したいブランチ → Delete

Delete

これでブランチ削除完了。


XP-Pen ペンタブ Decoシリーズ

関連コンテンツ