Androidアプリ作ったし、Google Playでリリースしますか

Androidアプリ開発が終わった後の、GooglePlayへのリリース手順をまとめました。

結構戸惑ったので、メモメモ

前提 (この部分は書いてないですよ)

  • Google Playへの登録 ※初期登録費用発生します
  • Android Studioでアプリ開発
  • アイコンとか、Google Playに掲載する画像が必要なので、用意しといてね。必要な画像は、記事中で確認いただければ。

ここまで、終わってる前提の記事です。

Windows10環境でやってますが、Macでも同じかな~と

全体の流れ

  • Android Studioでアップロードするファイルを作る
  • Google Play Consoleで、必要な情報を入力 → 審査待ち → 公開

ざっと、こんな感じ♪

こう書くと、単純なんですが、意外とねぇ~

Android Studioでアップロードするファイルを作成しましょう

メニューバーの「Build」→「Generate Signed Bundle / APK…」をクリック

Generate Signed Bundle

Android App Bundleにチェックが入ったままでOK

NEXT」をクリック

Generate Signed Bundle

まず、Key storeを作りましょう。「Create new…」をクリック

Generate Signed Bundle

ウインドウが開くので、「Key store path」のフォルダマークをクリックして、、、、

New Key Store

保存するフォルダのパスとファイル名を適当にきめます。

保存フォルダはツリーから選択、ファイル名は「File name」に入力して「OK」ボタンクリック

Choose keystore file

元のウインドウで、Keyの所の

  • Password」にパスワードを入力、「Confirm」に確認のため同じパスワードを入力
  • First and Last Name」に適当な名前を入力

そして「OK」ボタンをクリック

 

( ,,`・ω・´)ンンン?

以下のようなエラーウィンドウが出ますが、気にすんな!

そのまま「OK」をクリック

error

次に表示されたウインドウで、

Encrypted key export path」に、これまた適当にフォルダのパスを指定して「NEXT」をクリック

Generate Signed Bundle

「Build Variants」のところで「release」を選択し、「Finish」をクリック

ぐりぐり~っと動いて、、、、

Android StudioのEvent Logの所に、「Generate Signed Bundle」のメッセージが表示されるので、「Locate」をクリック

Generate Signed Bundle

フォルダが開くので、そこにある拡張子AABのファイルがリリース時にアップロードするファイルです。

次の作業で使うので、ウインドウは開いたままにしておいた方が便利ですかね。

explorer

さて今度は、Google Play Console で

アップロードするファイルの準備もできてことですし、Google Play Consoleでリリースしますか。

ってことで、ブラウザでGoogle Play Consoleを開く。

まずは、アプリを登録しましょう。

アプリの作成

右上の「アプリの作成」をクリック

アプリの作成

デフォルトの言語」を選択、

タイトル」はアプリの名前を入力して

作成」をクリック

アプリの作成

星(*)がついてる場所(タイトル、簡単な説明、詳しい説明)を入力してもらって、

未公開版を保存」をクリック

ストアの掲載情報

ここまでの作業で、Google Play Consoleにアプリを登録できました。

アプリのリリース

左ツリーの「アプリのリリース」をクリック

アプリのリリース

今回は、内部テスト版ぐらいで勘弁してやるか!ってことにしておきます。

身内のテスターに共有しますって、レベル感のリリースと認識しておいてもらえれば。

「内部テスト版トラック」の 「内部テスト版」の「管理」をクリック

内部テスト版トラック

 「リリースを作成」をクリック

リリースを作成

「Googleでアプリ署名鍵の管理、保護を行う」の「次へ」をクリック

内部テスト版として新たにリリース

「有効にしました」と表示されればOK