Chromeでリモートデスクトップ接続!

「Chromeリモートデスクトップ」を使うとブラウザだけでリモート接続できます。OSやネットワーク環境に依存しないので超便利!

使用方法

Chromeリモートデスクトップポータルにアクセス

以下リンクからアクセスします。

 

リモートデスクトップポータルにアクセスしたら、右上のリモートアクセスをクリック。

Chrome Remote Desktop

初期設定

接続する側・接続される側、どちらも初めて使う場合は設定が必要です。リモートアクセスの設定の右下にあるダウンロードボタン(下矢印)をクリック。

拡張機能のダウンロード

新しいウインドウが開くので、Chromeに追加をクリック。

拡張機能の追加

拡張機能を追加をクリック。

拡張機能を追加

このウインドウが表示されれば正常にインストールされています。

Chromeに追加

リモートアクセスの設定のオンにするをクリック。

configuration

PC名を入力。後で見てわかる名前を入れておきます。入力したら次へをクリック。

PC name

PINコードを設定します。6桁以上の数字を入力して、起動をクリック。

PIN code

以下のようにオンライン表示になれば準備OK。

online

リモート接続

ここからは接続する側・接続される側でそれぞれ操作方法を説明します。

(接続される側)リモートサポートを選択して、コードを生成をクリック。

remote support

(接続される側)アクセスコードが生成されるので、接続してもらう相手に伝えます。伝え方はSNS等なんでもよいです。

one-time access code

(接続する側)リモートデスクトップポータルにアクセスしたら、右上のリモートアクセスをクリック。

(接続する側)サポートを提供するのウインドウに接続される側からもらったアクセスコードを入力して接続をクリック。

provide support

(接続される側)相手がアクセスコードを入力すると以下ウインドウが表示されるので、共有をクリックすることで、リモート接続が開始されます。

permission

(接続する側)接続されるまでしばし待ちます。

support session

(接続する側)Chromeのタブに接続される側のデスクトップが共有され、リモート操作できるようになります。

remote desktop

(接続する側)Chromeリモートデスクトップのタブにリモート接続した画面が表示されます。

tab

(接続する側・接続される側)接続中は以下のウインドウが表示され、共有中であることが分かります。終了するときは共有を停止をクリック。

share

(接続する側・接続される側)共有を停止すると以下メッセージが表示されてリモート接続が切断されます。

end

 


NETGEAR WiFi LTE モバイルルーター SIMフリー

関連コンテンツ