Chromeタスクマネージャーで動作速度を改善する!

Google Chromeが重い!皆さん結構あるんじゃないでしょうか。

そんな時はChrome専用のタスクマネージャーで動作速度を改善しましょう。簡単なので、やってみてください。

Windowsタスクマネージャーとの違い

アプリのCPU/メモリの使用率はWindowsのタスクマネージャーで確認できます。

Windowsタスクマネージャー

が、Chromeを確認すると、同じ名前のプロセスがずらっと出てきて、何が原因か分かりませんね。。。たくさんプロセスあるな~ってのが分かる程度で、どれを終了させても大丈夫なのか??

Chromeタスクマネージャーの使用方法

実は、Chromeには専用のタスクマネージャーがあります。

Chromeのタスクマネージャを表示

以下ショートカットキーで起動できます。

Shift + Esc

Chromeタスクマネージャーが開きます。

こちらだと、タブやプラグイン毎にCPU/メモリの使用量が分かります。

Chromeタスクマネージャー

タブの終了方法

閉じたいタブをタスクの所から探して、選択 → プロセスを終了

これだけでOKです。

拡張機能(プラグイン)の終了方法

こちらもタブと一緒で、終了したい拡張機能を選択 → プロセスを終了

ただしこの方法は一時的に無効にするだけで、次回Chrome起動時にまた立ち上がってしまいます。

使わないプラグインは削除するか、停止にしてしまいましょう。ここでは、無効化(停止)させる方法を解説します。

無効化するには右上の設定(縦点々3つのアイコン)→設定

設定

左上設定拡張機能

拡張機能

無効にしたい拡張機能の右下スライドバーを・・・

拡張機能

左にスライドすればOKです。これで次回以降も無効のままとなります。

拡張機能

Chromeプロセスを完全に終了する方法

ただし、ChromeタスクマネージャーだとChrome本体のプロセスは終了できません。

Chromeを完全に終了する場合は、こちらの記事を参考にしてください。


エレコム USBメモリ 32GB USB3.1 & USB 3.0 ノック式 ホワイト

関連コンテンツ