Office2016 “memory or disk free space” error countermeasures

When you open an Office document

“Insufficient memory or disk space to open or save document”

Error may be displayed. Even though there is enough memory and disk space. . . Here are some ways to try it out.

habiting! バナー

なぜメモリ不足エラーが起きるのか?

Office2016を導入後、ドキュメントを開こうとすると

「メモリまたはディスクの空き容量が不足しているため、ドキュメントを開いたり、保存したりできません」

とエラー表示されて開けないことが多発した。

メモリもディスク容量も十分にある。
PC起動直後にも発生する。

これはどうもメモリ不足が原因ではなさそうだ・・・

試行錯誤した結果、保護ビューの設定を変更することで改善したのでその方法を紹介する。

同じような症状の方は、是非試してみてください。

保護ビューの設定方法

Excel2016

Excelでの保護ビューの設定方法について説明する。

ファイル
 →オプション
  →セキュリティセンター

を選択

Excel_保護ビュー設定1

セキュリティセンターの設定を選択

Excel_保護ビュー設定2

保護ビューを選択し、右側の3つのチェックボックスをすべて外してOKボタンを押す。

Excel_保護ビュー設定3

以上でExcelの設定は完了。

Word2016

Wordも設定方法はExcelと同様だ。

ファイル
 →オプション
  →セキュリティセンター
   →セキュリティセンターの設定

選択

Word_保護ビュー設定1

保護ビューを選択し、右側の3つのチェックボックスをすべて外してOKボタンを押す。

Word_保護ビュー設定2

以上でWordの設定は完了。

PowerPoint 2016

PowerPointも設定方法は同様。

ファイル
 →オプション
  →セキュリティセンター
   →セキュリティセンターの設定

を選択

PowerPoint_保護ビュー設定1

保護ビューを選択し、右側の3つのチェックボックスをすべて外してOKボタンを押す。

PowerPoint_保護ビュー設定2

以上でPowerPointの設定は完了。

Access 2016

Accessは設定不要。

というより保護ビューの設定項目が無いんです。

筆者の環境では今のところAccessでエラーは発生していない。

 

以上、メモリに余裕があるにも関わらずOfficeドキュメントが開かない場合は試してみてほしい。

Related posts