Google カレンダーの知っていると便利な機能

ビジネス・プライベート共に、Googleカレンダーを使っている人も多いだろう。そんなGoogleカレンダーで知っておいた方が良い機能を紹介しよう。

予定をより正確に!デフォルトの期間設定

予定を入れる時ですが、期間がデフォルト30分になっています。

予定がすべて30分おきだとまぁ問題ないんですが、そうとも限りませんよね。

そのデフォルト期間30分を変更して、より正確に予定を素早く組みましょう。働き方改革!!

設定

右上の、歯車アイコンから設定をクリック

google calendar setting

予定の設定、デフォルトの期間 30分となっている所をクリックして、15分に設定。

google calendar priod setting

設定は以上。

動作確認

カレンダーを追加するために、カレンダー上の任意の場所をクリックすると。。。

google calendar regist

デフォルトに設定した、15分になってますね。

ちょっとしたToDoを! リマインダー機能

ToDoは皆さんどんなツールを使って管理していますかね?

Trello?Excel? 付箋??

リマインダー機能があるツールもいろいろありますが、普段よく使うGoogleカレンダーで管理するのがシンプルでお勧め。

特に、大げさじゃないちょっとしたことなんかには向いているんじゃないかなと、筆者は思います。

使い方

こちらもすごい簡単。。。

ToDoを実施したい日時をカレンダーでクリックして、タイトルを入力

そして、リマインダーを選択して保存

google calendar reminder

これでおしまい。

あとは、設定した日時になると教えてくれます。スマホで通知を受け取れるので、大変重宝します。

もちろん「完了」にしなければ、リマインダーはたまっていきます。

google calendar reminder 2

どんどんToDoをこなしていきましょう!


知的生活の設計

海外旅行に便利!セカンダリ タイムゾーン設定

海外旅行の予定を立てるぞ!と思っても、時差があるのでなかなか立てるのが面倒だったりしますよね。

え~っと現地時間だと。。。云々

そんなときも、日本に居るときと同じようにGoogleカレンダーが活躍します。

設定

設定画面に入って、タイムゾーンのところにある、セカンダリタイムゾーンを表示するにチェックを入れる。

google calendar timezone

そして、旅行先のタイムゾーンを選択して、ラベルのところもわかりやすい文言を入れてください。

google calendar seconderly time zone

使い方

左の時間軸に、セカンダリタイムゾーンも表示されました。

google calendar timezone view

入れておいた、フライト情報も見てみると、

日本時間で22:15発も、現地時間だと3:15なのね。。。と

google calendar fly time

設定に戻って、上下の矢印アイコンで、順番を入れ替えると

google calendar time zone change

これはいったん、いいえで。※後で戻せるんで

google calendar q

旅先の時間表示になりましたね。

google calendar change time zone

あとは、現地時間で予定を組んでおけばOK

google calendar schedule regist

ちなみに、現地でスマホを通信できる状態にすると、自動で現地のタイムゾーンに時間を合わせてくれます。

もちろんGoogleカレンダーも現地時間表示になります。

これで、予定をしっかり立てて、効率よく旅行ができそうですね。

WindowsおすすめTips

windows
WindowsのおすすめTipsを集めました。便利なテクからトラブル対応まで、使える技を厳選しています。

ChromeおすすめTips

chrome
WebブラウザChromeのおすすめTipsで便利なものを厳選しました。履歴を残さない方法もあります。

ゼロから学ぶIR入門

chrome
IR(インベスターリレーションズ)の入門。知識ゼロの方も大丈夫!一緒に学んでいきましょう。

関連コンテンツ