Googleマップのタイムラインで自分の足跡を辿ろう

Googleマップにはタイムラインという移動履歴を記録する機能がある。

自分の足跡を振り返ることができて、これが思いのほか楽しい。

スマートフォン側の設定

スマートフォンにGoogleマップをインストールし、Googleアカウントでログインしておく。

あとはiPhone/iPadであれば位置情報サービス、Androidであれば位置情報をオンにすればOKだ。

PC側の設定

PCでGoogleマップを開き、左上の三本線をクリック。

Googleマップ メニュー

タイムラインをクリック

Googleマップ メニュー

タイムラインの画面が開くので、右下の歯車アイコン → タイムライン設定をクリック

Googleマップ タイムライン設定 

Googleフォトタイムラインのメールにチェックを入れて保存

Googleマップ タイムライン設定

画面下部のロケーション履歴を管理をクリック

Googleマップ タイムライン設定 ロケーション履歴

ロケーション履歴をオンにする。これでPC側の設定はOK。

Googleマップ タイムライン設定 ロケーション履歴

あとはスマートフォンをお供に移動すれば履歴が記録される。

タイムラインを使ってみよう

いままで行ったところを全部表示してみよう

左上の年表示で全期間を選択すると、今まで行ったところが全部表示される。

Googleマップ タイムライン 期間指定

マップ上に行ったことがある場所が赤点で表示される。

Googleマップ タイムライン スポット

赤点をクリックするとスポット名が表示される。そういえばこんなところ行ったな~、と思い出に浸れること請け合い。

Googleマップ タイムライン スポット名

左下には今まで行った事のある場所の数が表示。無駄に増やしたくなる・・・

Googleマップ タイムライン スポット数

指定年月で行ったところを表示してみよう

同様に年月を指定すると、その月に行ったところがマップ上に表示される。

Googleマップ タイムライン 期間指定

指定年月日で行ったところを表示してみよう

日にちまで指定すると、、、

Googleマップ タイムライン 期間指定

詳細な移動履歴が!(個人情報なので黒塗りにしていますが・・・)

Googleマップ タイムライン 移動履歴

マップ上にも移動の履歴が表示される!

スマートフォンの性能にもよると思うが、移動履歴は相当精度が高い。

筆者は外出先でスマートフォンを落としたことがあるが、日付指定の詳細履歴で届け先の交番までたどり着けたことがある。

タイムラインからのレポート

設定時にタイムラインからのメールにチェックを入れておけば、月一でタイムラインからGmail宛にメールが届くので毎月振り返るのもいい。

Googleマップ タイムライン レポート

 

Tile Mate(電池交換版) 探し物/スマホが見つかる 紛失防止 日米シェアNo.1 スマートスピーカー対応