Kindle セール 「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」「週刊東洋経済 2018年11/17号 [雑誌]」など 2018年11月25日(日) 23時59分まで!

Kindleのセール情報をご紹介。

「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」「週刊東洋経済 2018年11/17号 [雑誌]」など、気になるKindle本がセール価格で購入できます。このチャンスに話題の書籍を一気に読んでしまいましょう。2018年11月25日(日) 23時59分まで!

the four GAFA 四騎士が創り変えた世界

著者 スコット・ギャロウェイ
¥1,944 778pt(40%)
Kindleページはこちら

内容紹介

Google、Apple、Facebook、Amazon――GAFA

GAFAが創り変えた世界の姿とは。
この激変を予言した著名教授が断言する、次の10年を支配するルールとは。
米国発、22カ国で続々刊行のベストセラーがついに日本上陸!

【本書の3大テーマ】
GAFAはなぜ、これほどの力を得たのか
GAFAは世界をどう支配し、どう創り変えたのか
GAFAが創り変えた世界で、僕たちはどう生きるか

【GAFAが生み出した「新ルール」とは】
・「崇高なビジョン」を掲げる
・利益はいらない
・法律は「無視」できる
・競争相手は「資金」で踏みつぶす
・人間の「本能」を刺激する
・ほとんどの人は「農奴」になる ……など

【本書の主な内容】
・GAFAはなぜ、これほどの力を得たのか?
・GAFAが狙い打ちにする「人間の本能」とは何か?
・GAFAに共通する「8つの覇権遺伝子」とは何か?
・GAFAは世界を、どのように創り変えたのか?
・GAFAに続く「第五の騎士」は現われるのか?
・GAFAが創り変えた世界で、僕たちはどう生きるか?……など

【著者紹介】
【著者】
スコット・ギャロウェイ(Scott Galloway)
ニューヨーク大学スターン経営大学院教授。MBAコースでブランド戦略とデジタルマーケティングを教える。
連続起業家(シリアル・アントレプレナー)としてL2、Red Envelope、Prophetなど9つの会社を起業。
ニューヨーク・タイムズ、ゲートウェイ・コンピューターなどの役員も歴任。
2012年、クレイトン・クリステンセン(『イノベーションのジレンマ』著者)、リンダ・グラットン(『ライフ・シフト』著者)らとともに
「世界最高のビジネススクール教授50人」に選出。
Youtubeで毎週公開している動画「Winners & Losers」は数百万回再生を誇るほか、
TED「How Amazon, Apple, Facebook and Google manipulate our emotions
(アマゾン、アップル、フェイスブック、グーグルはいかに人間の感情を操るのか)」は200万回以上閲覧された。

【訳者】
渡会 圭子(ワタライ ケイコ)
翻訳家。上智大学文学部卒業。主な訳書に、ロバート・キンセル/マーニー・ペイヴァン『YouTube革命 メディアを変える挑戦者たち』、マイケル・ルイス『かくて行動経済学は生まれり』(以上、文藝春秋)、エーリック・フロム『悪について』(ちくま学芸文庫)などがある。

【主な内容】
第1章 GAFA――世界を創り変えた四騎士
第2章 アマゾン――1兆ドルに最も近い巨人
第3章 アップル――ジョブズという教祖を崇める宗教
第4章 フェイスブック――人類の1/4をつなげた怪物
第5章 グーグル――全知全能で無慈悲な神
第6章 四騎士は「ペテン師」から成り上がった
第7章 脳・心・性器を標的にする四騎士
第8章 四騎士が共有する「覇権の8遺伝子」
第9章 NEXT GAFA――第五の騎士は誰なのか
第10章 GAFA「以後」の世界で生き残るための武器
第11章 少数の支配者と多数の農奴が生きる世界
謝辞
図表出所

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

著者 西岡 壱誠
¥1,512 605pt(40%)
Kindleページはこちら

内容紹介

勉強にも仕事にも効く!「こんな読み方、あったんだ」

★本書の特徴★
マネするだけで、誰でも、どんな本でも!!

1.速く読める
2.内容を忘れない
3.応用できる

東大生は、そんな超・実践的な読書術を自然と習得していました。
ホントは教えたくなかったノウハウを、一冊に凝縮します!

★一生使える、5つの「スゴい読み方」★
「読み込む力」を劇的に上げる……………仮説作り
「論理の流れ」がクリアに見える…………取材読み
「一言で説明する力」を鍛える……………整理読み
「多面的なモノの見方」を身につける……検証読み
「ずっと覚えている」ことができる…………議論読み

★著者からのコメント★
もともと「できる子」だった東大生たちには「当たり前」の読み方。
偏差値35で落ちこぼれた僕がたどり着くまで、2年も浪人しました。
でも、だからこそ誰よりも、この読書術の「やり方」と「スゴさ」がわかります。
本書ではそれを、あますところなくご紹介します。
――西岡壱誠

【主な内容】
はじめに 偏差値35だった僕を変えてくれた「東大読書」

PART1 地頭が良くなる「東大読書」の5ステップ
STEP1 仮説作りで「読み込む力」が劇的に上がる――東大生は「読み始める前」に考える
STEP2 取材読みで「論理の流れ」がクリアに見える――東大生は「読者」ではなく「記者」になる
STEP3 整理読みで難しいことも「一言」で説明できる――東大生は立ち止まりながら読む
STEP4 検証読みで「多面的なものの見方」を身につける――東大生はカバンに「2冊の本」を入れている
STEP5 議論読みで本の内容を「ずっと記憶」しておける――東大生はアウトプットを重視する

PART2 東大流「読むべき本」の探し方
METHOD0 「得るものが多い本」をどう探すのか
METHOD1 売れている本・ベストセラーを選ぼう!
METHOD2 信頼できる人のレコメンデーション
METHOD3 時代を超えて読み継がれている古典
METHOD4 今年のマイテーマを決める
METHOD5 「読まず嫌い」を避ける

特別付録 ~「読む力」と「地頭力」をいっきに鍛える~ 東大読書/東大選書のポイントを一挙に掲載!
おわりに

週刊東洋経済 2018年11/17号 [雑誌]

著者 週刊東洋経済編集部
¥690 276pt(40%)
Kindleページはこちら

内容紹介

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

【第1特集】進撃の商社
絶好調の巨人商社 秘めたる野望は純利益1兆円
1 進化する商社の稼ぐ力
3年目の垣内社長が大ナタ 三菱商事揺るがす抜本改革
脱・資源への挑戦 EVで攻め筋探す三井物産
INTERVIEW│垣内威彦●三菱商事社長
INTERVIEW│安永竜夫●三井物産社長
ビッグデータ&金融が武器 伊藤忠の次世代化戦略
INTERVIEW│岡藤正広●伊藤忠商事会長CEO/鈴木善久●同社長COO
住友商事が躍起になる第2のJ:COM探し
INTERVIEW│兵頭誠之●住友商事社長
財務の強化が最優先 得意の電力を磨く丸紅
INTERVIEW│國分文也●丸紅社長
ベトナムで個性を放つ双日
豊田通商はトヨタの先兵役
2 変革を迫られる商社パーソン
キャラを知れば社風がわかる 成長のカギは人材力
中堅社員が教えます! 今どき商社パーソンの働き方
就職人気ランキングで上位常連商社の新卒採用最新事情
匿名座談会│商社の「理想」と「現実」
キラリと光る企業多し 知られざる専門商社の世界
専門商社の年収&増益率ランキング

【第2特集】背水フジテレビ 500日の苦闘
INTERVIEW│宮内正喜 フジテレビジョン社長

特別インタビュー
白川日銀前総裁に直撃 中央銀行の役割とは
リーマン危機10年目の警鐘 「不均衡の存在に注目せよ」

ニュース深掘り
ユーザー離れが深刻化 フェイスブックの受難
日系メーカーそろい踏み カーシェア参入の勝算
リクシル、社長再更迭の深刻度
韓国徴用工問題の遠い解決

連載
|経済を見る眼|技術革新で新インフラ時代到来/柳川範之
|Hot Issue|日本企業は資本効率に意識を/中神康議
|トップに直撃|内山俊弘●日本精工社長
|マネー潮流|米国双子の赤字が市場を揺らす/木内登英
|少数異見|移民解禁に踏み切った日本
|US Affairs|マリフアナ合法化で新たな娯楽産業が誕生か/瀧口範子
|中国動態|中国が国営メディアで最新兵器を誇示する理由/小原凡司
|グローバルアイ|手紙を読んだオバマ お追従に囲まれるトランプ/クリス・パッテン
|フォーカス政治|改憲挑戦 大詰めの8カ月/塩田 潮
|知の技法 出世の作法|人質解放でわかった日本の国際テロ対策能力/佐藤 優
|歴史の論理|手放しで喜べない日本人のノーベル賞受賞/岡本隆司
|人が集まる街 逃げる街|那覇市|人とカネを引き付ける新国際都市/牧野知弘
|サラリーマン弾丸紀行|北朝鮮を望む韓国国境の展望台へ/橋賀秀紀
|ブックス&トレンズ|『マーガレット・サッチャー』を書いた冨田浩司氏に聞く
|平成経済の証言|日本の正月を変えた年越し派遣村の光景/湯浅 誠
|Readers&Editors|読者の手紙、編集部から

AI vs. 教科書が読めない子どもたち

著者 新井 紀子
¥1,620 648pt(40%)
Kindleページはこちら

内容紹介

東ロボくんは東大には入れなかった。AIの限界ーー。しかし、”彼”はMARCHクラスには楽勝で合格していた! これが意味することとはなにか? AIは何を得意とし、何を苦手とするのか? AI楽観論者は、人間とAIが補完し合い共存するシナリオを描く。しかし、東ロボくんの実験と同時に行なわれた全国2万5000人を対象にした読解力調査では恐るべき実態が判明する。AIの限界が示される一方で、これからの危機はむしろ人間側の教育にあることが示され、その行く着く先は最悪の恐慌だという。では、最悪のシナリオを避けるのはどうしたらいいのか? 最終章では教育に関する専門家でもある新井先生の提言が語られる。

【主な内容】
はじめに

第1章  MARCHに合格――AIはライバル
AIとシンギュラリティ
偏差値57.1
AI進化の歴史
YOLOの衝撃――画像認識の最先端
ワトソンの活躍
東ロボくんの戦略
AIが仕事を奪う

第2章 桜散る――シンギュラリティはSF

読解力と常識の壁――詰め込み教育の失敗
意味が理解しないAI
Siri(シリ)は賢者か?
奇妙なピアノ曲
機械翻訳
シンギュラリティは到来しない

第3章 教科書が読めない――全国読解力調査

人間は「AIにできない仕事」ができるか?――大学生数学基本調査
数学ができないのか、問題文を理解していないのか?
全国2万5000人の基礎的読解力を調査
3人に1人が、簡単な文章が読めない
偏差値と読解力

第4章 最悪のシナリオ

AIに分断されるホワイトカラー
企業が消えていく
そして、AI世界恐慌がやってくる

おわりに

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)―100年時代の人生戦略

著者 リンダ・グラットン
¥1,944 778pt(40%)
Kindleページはこちら

内容紹介

■リンダ・グラットン、政府の「人生100年時代構想会議」に起用!
■テレビ東京「ガイアの夜明け」、NHK総合「おはよう日本」、NHKEテレ「ニッポンのジレンマ」など各メディアで大反響!
■読者が選ぶビジネス書グランプリ2017にて、総合グランプリ受賞!
■ビジネス書大賞2017にて、準大賞受賞!
■「人生100年時代」ムーブメントのバイブル!
■反響の声続々! あらゆる世代から圧倒的支持!

誰もが100年生きうる時代をどう生き抜くか。
働き方、学び方、結婚、子育て、人生のすべてが変わる。
目前に迫る長寿社会を楽しむバイブル。

世界で活躍するビジネス思想家が示す、新しい人生のビジョン。

みんなが足並みをそろえて教育、勤労、引退という
3つのステージを生きた時代は終わった。

では、どのように生き方、働き方を変えていくべきか。
その一つの答えが本書にある。

100歳時代の戦略的人生設計書。

《本書の主な内容》

●人生はより長く、健康になる。
●エクスプローラー、インディペンデント・プロデューサー、ポートフォリオ・ワーカーという新しいステージが出現する。
●スキル、知識、仲間、評判、健康、生活、友人関係、アイデンティティ、人的ネットワーク、オープンな姿勢が大事
●労働市場に存在する職種は、これから数十年で大きく入れ替わる。
●100歳になった自分がいまの自分をどう見るかを考える。
●男女の役割分担が変わる。質の高いパートナー関係が必要になる。
●数十年単位での役割の調整が必要。高度な信頼関係と徹底した計画が不可欠。
●各人のアイデンティティが変わっていく。

《世界を代表する知識人が称賛!》
明快でタイムリー、オリジナルで書きぶりも素晴らしく、そしてとても恐ろしい。
ニーアル・ファーガソン(『劣化国家』著者)

より健康で長寿になる私たちの人生に関する迫真のケーススタディ。
私たちの知っている世界とはまったく別の未来がくるだろう。
ダロン・アセモグル(『国家はなぜ衰退するのか』著者)

【目 次】
日本語版への序文
序 章 100年ライフ
第1章 長い生涯――長寿という贈り物
第2章 過去の資金計画――教育・仕事・引退モデルの崩壊
第3章 雇用の未来――機械化・AI後の働き方
第4章 見えない「資産」――お金に換算できないもの
第5章 新しいシナリオ――可能性を広げる
第6章 新しいステージ――選択肢の多様化
第7章 新しいお金の考え方――必要な資金をどう得るか
第8章 新しい時間の使い方――自分のリ・クリエーションへ
第9章 未来の人間関係――私生活はこう変わる
終 章 変革への課題

その他のセール対象Kinlde本

ここで掲載しなかった、セール対象のKidle本もあります。

その他のセール対象Kindle本はこちら