Kindle セール 「経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる」「雑学科学読本 身のまわりのすごい技術大百科」など

Kindleのセール情報をご紹介。

「経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる」「雑学科学読本 身のまわりのすごい技術大百科」など、気になるKindle本がセール価格で購入できます。このチャンスに話題の書籍を一気に読んでしまいましょう。

武器になる哲学 人生を生き抜くための哲学・思想のキーコンセプト50

著者 山口 周
¥864 ¥864の割引(50%)
Kindleページはこちら

内容紹介

この本は、ビジネスマンのための「哲学の使い方」をまとめた1冊です。哲学というと、これまでは「実世界では使えない教養」と捉えられてきましたが、それは誤解です。実際は、ビジネスマンが、「クリティカルシンキング」つまり現状のシステムへの批判精神を持つために、とても重要な示唆をくれる学問です。
本書の著者、山口周さんは、慶応義塾大学大学院の哲学科出身でありながら、経営コンサルとして現役で活躍する異色の経歴の持ち主。独自の視点から、「ビジネスマン向け」に役立つ哲学の思想、用語を解説します。

世界史とつなげて学べ 超日本史 日本人を覚醒させる教科書が教えない歴史

著者 茂木誠
Kindleページはこちら

内容紹介

日本史と世界史をつなげれば、歴史の謎が手にとるように解ける!
なぜ足利義満は日明貿易を進めたか? どうしてザビエルは日本に来たのか?
世界史の人気講師が初めて明かす「世界史と日本史のあいだ」。

なぜ日本では、世界史と日本史を合わせて学ぶのは近現代になってからなのか?
人気世界史講師はいいます。本来日本は鎖国まで、つねに世界とともにあり、そのなかで世界の荒波に負けずに、自主独立を保ってきた、と。

そこで本書では、弥生時代に時代を遡って一気に現代まで「世界史と日本史のあいだ」を論じていきます。
そもそも日本人はどこから来たのか? 超グローバリストだった足利義満、戦国時代の輸出品は「武器と傭兵だった」……。
日本史も知る世界史のスペシャリストだから書けた、最先端の歴史研究を踏まえた「大人の教養」。

経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる

著者 蔭山克秀
Kindleページはこちら

内容紹介

忙しい人でもラクラク全巻読破!

『国富論』(アダム・スミス)、『資本論』(マルクス)、『隷従への道』(ハイエク)、『雇用・利子および貨幣の一般理論』(ケインズ)などの古典名著から、『クルーグマン教授の経済入門』(クルーグマン)、『21世紀の資本』(ピケティ)といった現代のベストセラーまで、ビジネスエリート必須の教養を、まるごとつかめる!

雑学科学読本 身のまわりのすごい技術大百科

著者 涌井 良幸
Kindleページはこちら

内容紹介

身近にある「便利なモノ」には「便利さの理由」がある。
しかし、私たちはそれをよく知らないままに日々生活しています。
本書は、身近な家電から巷で話題のハイテク機器、よく使う文房具まで、日ごろよく使う「モノ」の“すごい技術”を図解でわかりやすく解説する一冊です!

※本作品は、『雑学科学読本 身のまわりのモノの技術』『雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2』『雑学科学読本 文房具のスゴい技術』(ともに小社刊)を合本再編纂したものです。

大学4年間の金融学が10時間でざっと学べる

著者 植田 和男
¥810 ¥810の割引(50%)
Kindleページはこちら

内容紹介

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

東京大学で教えられている金融論を1冊に凝縮! 基本理論から話題のFinTechまで、「経済の血液」ともいわれる金融を知れば、日本経済の健康状態がよく分かる!

その他のセール対象Kinlde本

ここで掲載しなかった、セール対象のKidle本もあります。

その他のセール対象Kindle本はこちら

関連コンテンツ