Kindle セール 「蕎麦ときしめん (講談社文庫)」「蕎麦の事典 (講談社学術文庫)」など

Kindleのセール情報をご紹介。

「蕎麦ときしめん (講談社文庫)」「蕎麦の事典 (講談社学術文庫)」など、気になるKindle本がセール価格で購入できます。このチャンスに話題の書籍を一気に読んでしまいましょう。

蕎麦ときしめん (講談社文庫)

著者 清水義範
¥302 3pt(0%)
Kindleページはこちら

内容紹介

読者はパスティーシュという言葉を知っているか?これはフランス語で模倣作品という意味である。じつは作者清水義範はこの言葉を知らなかった。知らずにパスティーシュしてしまったのだ。鬼才野坂昭如をして「とんでもない小説」と言わしめた、とんでもないパスティーシュの作品の数々、じっくりとお楽しみを。(講談社文庫)

蕎麦の事典 (講談社学術文庫)

著者 新島繁
¥756 ¥518の割引(41%)
Kindleページはこちら

内容紹介

故・司馬遼太郎が「よき江戸時代人の末裔」と称賛した市井の研究者によって体系化された、「蕎麦」に関する膨大な知見。江戸時代の文芸や大衆文化に登場する蕎麦、全国各地に根付いたさまざまな食し方、植物としてのソバと製粉の過程、蕎麦打ちの用語、そば店の隠語、蕎麦をめぐる史跡・習俗・諺など、あらゆる資料を博捜し、探究した1155項目。

立ちそばガール! そば このファストで奥深い世界

著者 イトウエルマ
¥756 ¥540の割引(42%)
Kindleページはこちら

内容紹介

日経ビジネスオンラインに24週連載。男の世界 立ち食いソバの店に突入し、女子目線、初心者目線でルポするとともに、立ちそばの奥深い世界を徹底追求した実用食エッセイ。それぞれの店の特徴や味の違いを紹介しつつ、蕎麦という本来のファーストフードの本質に迫る、楽しいイラストがつく実用食エッセイ本。山ガールに続いて男の世界「立ちそばガール」へ。

ラーメンと愛国 (講談社現代新書)

著者 速水健朗
¥491 ¥330の割引(40%)
Kindleページはこちら

内容紹介

なぜ「ラーメン職人」は作務衣を着るのか? いまや「国民食」となったラーメン。その始まりは戦後の食糧不足と米国の小麦戦略にあった。“工業製品”として普及したチキンラーメン、日本人のノスタルジーをくすぐるチャルメラ、「ご当地ラーメン」に隠されたウソなど、ラーメンの「進化」を戦後日本の変動と重ね合わせたスリリングな物語。

その他のセール対象Kinlde本

ここで掲載しなかった、セール対象のKidle本もあります。

その他のセール対象Kindle本はこちら

関連コンテンツ