LambdaをDeployして動かしてみる

前回、Cloud9でLambda関数を動かしてみたので、ちゃんとDeployして動かしてみます。

前回の記事では、Cloud9でLambda関数を動かしてみる所までやりました。

本記事では、AWS LambdaにDeployしていろいろやってみようかと。

Deploy

Cloud9を起動して、右のメニューから AWS Resourcesをクリックして、

 

λマークの所で右クリック → Deploy

同じAWS内なので、ここら辺楽ちんですよね~

左上の AWS Cloud9ってところをクリックして、Go To Your Dashboardをクリックすると、

サービスをクリックして

Lambdaを開きましょう

関数の所に、今回作った関数名があるかと思います。それをクリック

少し下の方に、関数コードとあって、編集した内容やpipしたライブラリのファイルが有るか確認してください。もちろん、存在していればOK

動かしてみる

関数コードの箇所で、Testをクリック

今回は入力がないので、イベント名に適当に名称を入れて、そのまま作成をクリック

そして、画面の表示が戻ったら、もう一回Testの箇所をクリック。

。。。Slackに通知されましたかね。

画面上にスクロールしたら、実行がうまく行ったことメッセージ出ていますかね。

トリガーを設定してみます。

デザイナーの所にある、+トリガーを追加をクリック

今回は、特定の時間になったらキックされるようにトリガーを組みたいと思います。

なので、EventBridge(CloudWatch Events)を選択

ルールの箇所で、新規ルールの作成を選択

ルール名:適当に

ルールの説明:こちらも適当に

ルールタイプ:今回はスケジュール式を選択

スケジュール式の箇所ですが、cronに記載する書式で記載していけばいいみたいですね。

※UTCで記載が必要なので注意!

設定したら、追加ボタンをクリック

あとは、実際指定した時間に実行されるか待ちましょう。。。

無事、指定した時間にSlack通知が来たら成功です。

関連コンテンツ