Office2016 「メモリまたはディスクの空き容量が、、」エラー発生時の対処方法

Officeドキュメントを開くと

「メモリまたはディスクの空き容量が不足しているため、ドキュメントを開いたり、保存したりできません」

とエラーが表示されることがある。メモリもディスク容量も十分にあるのに。。。そんな時に試せる対処方法を紹介します。

なぜメモリ不足エラーが起きるのか?

Office2016を導入後、ドキュメントを開こうとすると

「メモリまたはディスクの空き容量が不足しているため、ドキュメントを開いたり、保存したりできません」

とエラー表示されて開けないことが多発した。

メモリもディスク容量も十分にある。
PC起動直後にも発生する。

これはどうもメモリ不足が原因ではなさそうだ・・・

試行錯誤した結果、保護ビューの設定を変更することで改善したのでその方法を紹介する。

同じような症状の方は、是非試してみてください。

保護ビューの設定方法

Excel2016

Excelでの保護ビューの設定方法について説明する。

ファイル
 →オプション
  →セキュリティセンター

を選択

Excel_保護ビュー設定1

セキュリティセンターの設定を選択

Excel_保護ビュー設定2

保護ビューを選択し、右側の3つのチェックボックスをすべて外してOKボタンを押す。

Excel_保護ビュー設定3

以上でExcelの設定は完了。

Word2016

Wordも設定方法はExcelと同様だ。

ファイル
 →オプション
  →セキュリティセンター
   →セキュリティセンターの設定

選択

Word_保護ビュー設定1

保護ビューを選択し、右側の3つのチェックボックスをすべて外してOKボタンを押す。

Word_保護ビュー設定2

以上でWordの設定は完了。

PowerPoint 2016

PowerPointも設定方法は同様。

ファイル
 →オプション
  →セキュリティセンター
   →セキュリティセンターの設定

を選択

PowerPoint_保護ビュー設定1

保護ビューを選択し、右側の3つのチェックボックスをすべて外してOKボタンを押す。

PowerPoint_保護ビュー設定2

以上でPowerPointの設定は完了。

Access 2016

Accessは設定不要。

というより保護ビューの設定項目が無いんです。

筆者の環境では今のところAccessでエラーは発生していない。

 

以上、メモリに余裕があるにも関わらずOfficeドキュメントが開かない場合は試してみてほしい。

関連コンテンツ