Search Consoleで「このプロパティにアクセスできません」が表示された場合の対応

Search Consoleに突然アクセスできなくなった!
「このプロパティにアクセスできません」とメッセージが出た際の対応について紹介しよう。



エラー内容

Search Consoleでアクセス状況の分析をしているが、ある時以下のエラーが表示されアクセスできなくなった。

このプロパティにアクセスできません。このプロパティを確認するか、プロパティ所有者にユーザーとして追加するよう依頼してください。

serchconsole-error

原因

発生した直前に、サイトのhttps化を対応したのだが、それ以外に思い当たることがない。。。https化により起きたと考えて間違いはなさそうだ。

対応方法

Search Consoleの設定

このプロパティを確認をクリックすると以下のように所有権の確認方法が表示される。

serchconsole-html

上記画面にて、このHTML確認ファイル右クリック → 名前を付けてリンク先を保存をクリックしてHTMLをダウンロードする。

serchconsole-upload-link

HTMLをダウンロードしたら、2.に記載されているURLに先ほどダウンロードしたHTMLファイルをアップロードする。

アップロード方法はFTP転送ソフトで行うのが簡単だ。アップロードした確認HTMLは削除しないように。

アップロード後、Search Consoleでサイト情報が表示できることを確認しよう。

serchconsole-dashboard




Google Analyticsの設定

Google Analyticsを開き、管理(歯車アイコン)をクリック。

Analytics 左メニュー

以下のように管理画面が表示されるので、

Analytics  管理メニュー

プロパティのところの、プロパティ設定をクリック。

プロパティ設定画面が開く。

google-analytics-property

下の方にスクロールしていくと、Search Consoleを調整ボタンが現れるので、クリック。

GoogleConsole- Adjustment

下記画面が表示されるので、完了をクリックする。

GoogleConsole- Adjustment-2

すると、下記のような画面が表示される

google-analytics-property-2

登録するサイトを選択して保存をクリック。

google-analytics-property-3

確認のダイアログが表示されるので、 OKをクリック。

SearchConsole-Site-Add-3

Google Analyticsの画面で、集客 → Search Console → ランディングページにサイトの統計情報が表示されればOKだ。反映には数日かかることがあるので表示されない場合は日を置いて確認しよう。

GoogleAnalytics-SearchConsole

いちばんやさしい新しいSEOの教本 第2版 人気講師が教える検索に強いサイトの作り方