AndroidアプリにAdMobを組み込んでみよう

Androidアプリに広告(AdMob)を組み込む方法を解説します。

はじめに

AndroidアプリにAdMobを組み込む方法を解説します。

AdMobとはGoogleが提供する広告サービス。手順通りにやればアプリ内に広告が設置できます。

前提としてアプリは作っておいてくださいね。

アプリ用広告の設定

AdMobからアプリを登録

AdMobサイトにアクセスして、

アプリアプリを追加をクリック

はい」をクリック

アプリの情報を入力してください」にアプリ名を入力。プラットフォームはAndroidを選択。

このアプリでユーザー指標を有効にする」にチェックして「追加」をクリック

新しいアプリの設定

「アプリがAdMobに追加されました」ウインドウが表示されます。

次:広告ユニットを作成」をクリック

広告フォーマットを選択します。

広告ユニットの作成

広告ユニットを作成」をクリック。

広告ユニットの作成

広告ユニットを作成しましたが表示されます。

1.アプリID」と「2.ユニットID」を控えてください。この後のアプリ組み込みで使います。

「完了」をクリック

広告ユニットが追加されました

広告ユニット

アプリへ広告を設置

次は、AndroidStudioでアプリ内に広告設置します。

広告用のクラスを作成します。MobileAds.initialize(context, "アプリID")に、先ほど控えたアプリIDを設定します。

ComAd.kt

class ComAd  private constructor(){

    companion object {
        private var instance: ComAd? = null
        private lateinit var context: Context

        fun getInstance(inContext: Context): ComAd {
            if (instance == null){
                instance = ComAd()
                context = inContext
            }
            return instance!!
        }
    }

    //広告の表示
    fun show(inView: AdView){

        MobileAds.initialize(context, "アプリID")
        val adRequest = AdRequest.Builder().build()
        inView.loadAd(adRequest)
    }
}

 

アプリ立ち上げ時に呼び出して広告表示します。

MainActivity.kt

override fun onCreate(savedInstanceState: Bundle?) {
・・・
    val comAd = ComAd.getInstance(this)
    comAd.show(adView)
・・・
}

画面に広告設置します。

app:adUnitIdに、控えておいたユニットIDを設定します。

activity_main.xml

<com.google.android.gms.ads.AdView
・・・
    app:adUnitId="ユニットID"
・・・
</com.google.android.gms.ads.AdView>

これで完了です

実装例

上記の手順でバナー広告を組み込んだアプリの一例です。

このような形で表示されます。

 


ワコム 液タブ 液晶ペンタブレット Wacom Cintiq 16 FHD ブラック アマゾンオリジナルデータ特典付き

関連コンテンツ