簡単にSearch Consoleへサイトマップファイルを送信

記事の量を増やし、質を改善していくことがもちろん重要なのだが、SEO対策も並行して行っておこう。

サイトマップをGoogleに送って、効率よくインデックス登録してもらいましょう。

前提条件

  • Search Consoleにすでに登録が終わっていること。
  • All in One SEO Packがインストールされていること。

を前提で、解説を進める。
Search Consoleへの登録・プラグインのインストールは簡単なので、是非対応の上チャレンジしていただきたい。

XML Sitemapの作成

XMLサイトマップ機能を有効にする

WordPress管理者画面にログインし、左のメニューから

All in One SEO → 機能管理をクリック

機能管理画面が表示され、その中の機能管理にあるXMLサイトマップのActiveボタンをクリック。

All in One SEO Packのメニュー

下のように、色が変わって機能がActiveになったことが分かる。

xml site map

詳細を設定

左のメニューにXMLサイトマップが追加されているはずなので、それをクリック。

XML サイトマップ

ココから設定をしていくのだが、設定項目が多いこともあり、筆者が最低限必要と思われる項目のみ紹介する。

メディア・添付ファイルの書き出しは不要と考えるので、ここでは外す。
※メディア・添付ファイルのチェックを外すと、すべての投稿タイプのチェックも自動で外れる。

投稿タイプ

圧縮版サイトマップを構築するもいらないので、チェックを外す。

圧縮版サイトマップ

この後、
追加ページ →  除外項目 → 優先順位 → 頻度
とあるが、ここでは設定変更しないこととする。

サイトマップを更新ボタンをクリックし、サイトマップを更新する。

サイトマップを更新ボタン

Search Consoleへ登録

Search Consoleにログインし、左のメニューから

クロール → サイトマップ をクリック

Search Consoleのメニュー

右上に表示される、サイトマップの追加テストボタンをクリック。

出てくるウインドウのボックスに、sitemap.xml と入力しテストボタンをクリック。
サイトマップの追加テスト

テスト完了の旨メッセージが出たら、テスト結果の表示ボタンをクリック。テストが完了しました。

 

グレー部分には送信した件数が表示される。XMLファイルは問題なさそうだ。

アップロードを確認

再度、サイトマップの追加テストボタンをクリック

sitemap.xmlを入力

今度は、送信ボタンをクリック。

URLを指定

アイテムを送信しましたとメッセージが出る

ページを更新する。のリンクをクリック。

アイテムを送信しました

↓の部分で自分のサイトマップが(1)になっていれば登録が完了している。

自分のサイトマップ

【Amazon.co.jp限定】Transcend USBメモリ 32GB USB 3.1(Gen 1) スライド式 ブラック TS32GJF790KAE (ecoパッケージ)

関連コンテンツ