[Trello] Chrome拡張機能でWebページをTrelloに登録

Webページを簡単にTrelloにカードとして登録できる、Chrome拡張機能を紹介する。後で読もうと思ったページを忘れないためにも、どこかにメモしておきたいのだが、この機能を使うと簡単にタスクとして登録しておけるので便利だ。




Trelloって?

Trelloはタスク管理ツールで、ボードに付箋をペタペタ貼っていくような直感的な操作でタスク管理ができる。他ユーザとも共有できるのでチームのタスク管理にも便利だ。


マンガでわかる! 幼稚園児でもできた!! タスク管理超入門 impress QuickBooks Kindle版

拡張機能をインストール

今回紹介する拡張機能をインストールするとChrome上からTrelloへ簡単にカードを追加することができる。ネットを検索していて思いついたアイデアなどをメモしておく際に便利。また後で読もうと思ったWebページもこの機能から直接カードを作れるので、わざわざURLをコピーしてカードを作る手間が省ける。Webでニュースを読んでいる際などボリュームが大きくて後で読もう、と思うことがよくあるのでこの機能は重宝している。

まずChromeストアに行って拡張機能Trelloをインストールする。右上のCHROMEに追加をクリックすればインストール完了だ。

Chrome拡張_Trello

インストールが終わるとChromeの右上にいつもの見慣れたTrelloのアイコンができる。
Trelloアイコン




使い方

使い方としてはアイコンをクリックすると下のようなウィンドウが出るので、ボードとリストを選んでカードの内容を記入したらAddをクリックするのみ。
Trello登録ウィンドウ

現在Chromeで表示しているWeb画面のURLを追記した形でカードを作りたい場合はAttach~のチェックボックスにチェックを入れてAddすれば良い。
Trello登録ウィンドウ2

そうすると下のようにURLが張り付いた形でカードが作成できる。
Trello登録カード

これで 読みたいと思っていたWeb ページを忘れてしまったりすることもなく簡単にカードを追加でき効率化することができる。是非試してみてほしい。