Windows10のタスクバープレビューを非表示にする

タスクバーのアイコンにカーソルを合わせると表示されるプレビューが邪魔だ・・・プレビューを非表示にする方法を紹介しよう。

タスクバーのプレビュー表示について

タスクバーのアプリアイコンにマウスカーソルを合わせると。。。

サムネイルが表示される。

ライブサムネイルと言うものらしく、Windows10からだったかな??表示されるようになりました。

live-thumbnail

さらに、サムネイルにマウスを合わせると、、、

そのウインドウが全画面でプレビュー表示される。

例えば上記のYahooサムネイルにマウスを合わせると・・・ ↓のように

window-preview

このように全画面表示されて他のウインドウが非表示となる。

好みがわかれるところかと思いますが、筆者にとっては邪魔な機能だ・・・なので、この機能を停止させようと思う。

ウインドウのプレビュー(全画面)を非表示にする方法

まずは、全画面プレビューの方を非表示にします。

スタートボタン横の検索窓(コルタナ)にデザインと入力

→検索結果に表示される Windowsのデザインとパフォーマンスの調整 をクリック

design-performance

パフォーマンスオプションが表示されるので、

視覚効果タブ → プレビューを有効にする

のチェックボックスを外してOK

performance-option

これで全画面プレビューはされなくなる。

ライブサムネイルを非表示にする方法

今度は、ライブサムネイルの方を非表示にします。

残念ながらこちらは、メニューから非表示にできないらしく、レジストリを変更することで非表示にします。

※レジストリの変更は、十分注意して行ってくださいね。

検索窓(コルタナ)にregeditと入力 → 検索結果に表示されるregeditをクリック

regedit

レジストリエディタが開いたら以下のレジストリキーに移動する。

\HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Advanced

Advancedキーを右クリック

→ 新規 → DWORD(32ビット)値 をクリック

regedit

名称はExtendedUIHoverTimeにする。

ExtendedUIHoverTime

ダブルクリックして値を設定する。

このキーはマウスオーバーしてサムネイルが表示されるまでの時間となる。

単位はms(ミリ秒)。

例えばマウスを合わせて5秒後にサムネイル表示するには(つまり5秒間は表示しない)、

表記を10進数にして値のデータに5000と入力する。

DWORD

3600000(1時間)のように大きい値を設定すれば実質非表示となる。

WindowsおすすめTips

windows
WindowsのおすすめTipsを集めました。便利なテクからトラブル対応まで、使える技を厳選しています。

ChromeおすすめTips

chrome
WebブラウザChromeのおすすめTipsで便利なものを厳選しました。履歴を残さない方法もあります。

ゼロから学ぶIR入門

chrome
IR(インベスターリレーションズ)の入門。知識ゼロの方も大丈夫!一緒に学んでいきましょう。

関連コンテンツ