Windows10の大型アップデートで保留状態を解消する方法

Windows10の大型アップデートが何度トライしても失敗する事がある。。。筆者の環境で対応した方法を紹介しよう。




Windows10大型アップデートの失敗について

Windows10の大型アップデートは失敗を繰り返して完了しないことがある。

設定 → 更新とセキュリティ → 更新の履歴を表示するで更新成否が確認できるが、インストールの失敗インストールの保留中が残ったままでいつまでも成功しない。

画面下部には、「更新プログラムは、デバイスが使用されていないときに自動的にインストールされます。または、必要に応じて今すぐインストールすることもできます。」と記載されているが、放っておいても同様の状態のままだ。

windows-update-1

特に筆者の環境ではバージョン1803へのアップデートが完了せず、常にアップデートプラグラムが動き続けてCPU使用率が常時100%となってしまった。

参考)Windows10のバージョン確認方法

設定システムバージョン情報で確認できる。

Windows10-version




対応方法

スタートアッププログラムをすべて無効にしてPCを再起動しよう。

これでアップデートが成功すればOKだ。

やり方はタスクマネージャーを起動し、(タスクバー上で右クリック→タスクマネージャー)

taskmanager

スタートアップタブを選択して状態有効のプログラムをすべて無効にする。

このとき無効にしたプログラムはメモしておくこと!後で有効に直すためだ。

taskmanager-startup

設定したらPCを再起動してアップデートが成功するまで待つ。成功したら先ほどタスクマネージャーで無効にしたスタートアッププログラムを有効に戻せば完了だ。

参考:Windows10大型アップデートの延期方法

[Windows10] 大型アップデートの延期方法

【Amazon.co.jp 限定】 キリン アルカリイオンの水 PET (2L×9本)